「ペーパードライバー教習所運転塾」塾長の独り言(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良)出張日誌

unten19.exblog.jp

ペーパードライバー教習の様子や車、バイクに関する情報、楽しみ方を紹介

<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ICカード免許

ICカード免許
c0130634_2053023.jpg


ICカード免許の発行について

2007年(平成19年)1月4日に東京都・埼玉県・茨城県・兵庫県・島根県の5都県でICチップ内蔵の運転免許証の交付を開始した。さらに2008年(平成20年)1月4日からは千葉県・岡山県・香川県・長崎県・熊本県の5県でもICカード免許証の交付を開始した。一部の県を除き、他の道府県でも2008年度末までに導入予定である。(北海道・山形県・新潟県・神奈川県・長野県・愛知県・福岡県は2009年(平成21年)1月4日に導入することを発表。石川県は2010年以降とのこと。)当初は2004年にも導入予定だったが、予算の関係で全国的に保留されていた。

ICカード免許証交付に際して、これまでの免許証と異なる点は以下の通りである。

ICチップ封入の為、厚さがそれまでの0.5mmからクレジットカード等と同じ0.76mm(ISO 7810 ID-1)となる。

表面の本籍欄は個人情報の保護の為、空欄となり印字されない。ICチップに情報(日本国籍を有しない者はその国籍)が記録される。将来的に、表面の「本籍」欄は削除の予定。

取得・更新の際に数字4桁の暗証番号を2つ設定する。ICチップに記録されている「氏名」「生年月日」「免許証交付年月日」「有効期間」「免許の種類」「免許証番号」を読み取るためには、暗証番号1が必要である。暗証番号1で読み取れる内容に加えて「本籍」「顔写真」を読み取るためには、暗証番号1と暗証番号2の両方が必要である。

暗証番号を3回続けて間違うとICチップに記録されている情報がロックされて読めなくなり、運転免許試験場・運転免許更新センター・警察署においてロックの解除を行う必要がある(キャッシュカードが使用停止となるのと同じ)。

暗証番号を忘れた場合は免許証を持参して、運転免許試験場・運転免許更新センター・警察署へ申し出る。

暗証番号の変更は、次回の更新時まで不可。

免許証の交付費用にIC化のコストが上乗せされた。

中型自動車免許の新設に伴い「種類」の枠が「中型」「中二」と二つ増えたことにより、14種類となった。

ICカード運転免許証とSuicaやICOCAを同じ財布等に入れても読み取りエラーが起きない。これは、ICカード運転免許証で使用されている通信方式が、SuicaやEdyで使用されているFeliCaとは異なり、MIFAREである為である。セコム製の入館証やたばこの購入に用いるtaspoカードと同じお財布等に入れた場合は読み取りエラーが起きる可能性はある。(なお、一般的にICカードには同じ通信方式であっても、衝突防止機能が搭載されていることが多い。)但し、読み取り機の出力が弱いと、複数枚のICカードがお互いに電波を奪い合い、十分なエネルギーが供給されずエラーをおこしてしまうこともある。

画像内の種類表記順は、従来の表記順に新たな枠を右に二つ追加した状態である。これは中型自動車免許が施行される以前に交付の為、上記の「免許証上の種類表記順」とは異なっている。

なお、希望により既存の免許証をICカード免許証へ切り替える手続きはない。

ICカード免許にすることにより「オレオレ詐欺」に使用される銀行口座開設や、携帯電話購入時の身分証明書になることが防げるという意味も持っている。
[PR]
by unten19 | 2008-11-29 20:57 | ちょっとした知識

トロッコ列車

トロッコ列車

c0130634_23433680.jpg


嵯峨野観光線は、その昔京都政財界の大御所といわれた田中源
太郎氏が敷設に情熱を傾けた、京鶴線(旧山陰本線)の一部。

「嵯峨野トロッコ列車」は、トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡
駅までの7.3キロメートルを約25分で結び、春は山桜と新緑、
夏はセミ時雨と川のせせらぎ、秋は絢爛の紅葉、冬は雪景色と、
四季おりおりの保津川渓谷の美しさが満喫できる観光列車です。

c0130634_235210100.jpg


嵯峨野観光鉄道は、京都府京都市と亀岡市で山陰本線旧線を利用して嵯峨野観光線にトロッコ列車を運行しています。

山陰本線の電化・複線化のため、渓谷に沿って蛇行するこのルートがボトルネックとなり、トンネルで山を貫く新線へと切り替えるために、山陰本線(嵯峨野線)の嵯峨(現在の嵯峨嵐山)~馬堀間が1989年3月に新線に切替えられ廃線になりました。

しかし、景勝地として名高い保津峡谷を縫って走るこのルートは車窓から素晴らしい景色が楽しめるスポットとして知られており、廃線で放置するには自然の環境や渓谷美を皆さんに見ていただくために、この廃線区間を観光用に開発したのです。

当初、線路はもちろん錆びており、枕木も朽ち果てていたものもあり、路線を整備して沿線に桜を植え、木々の剪定をしたり、草を刈り、9名の職員の手作りでスタートした事業でした。

「せいぜい20余万人程度しか乗客はこないだろう・・・3年ももたない・・・といわれてスターとしましたが、桜並木を沿線に植え、ライトアップや列車案内などユニークなサービスと、自然や地域社会との「共生」を徹底的に追求することで1991年に開業し初年度68万人ものお客様にきていただき渓谷美と自然の中でのトロッコの旅をお楽しみいただきました。海外からのお客様も多く来られ、例年90万人のご利用をいただいています。
[PR]
by unten19 | 2008-11-05 23:46 | ドライブ