「ペーパードライバー教習所運転塾」塾長の独り言(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良)出張日誌

unten19.exblog.jp

ペーパードライバー教習の様子や車、バイクに関する情報、楽しみ方を紹介

<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ジムカーナ

ジムカーナ

「ジムカーナ」は、英語に直すと「gymkhana」と表現します。これを、インターネット上で検索できる英和辞典に通すと、だいたい「(体操・乗馬・自動車レースなどの)競技会」という意味で返ってきます。


「ジムカーナ」は四輪、二輪と2種類あり今回、紹介するのは二輪の「ジムカーナ」

c0130634_063085.jpg


「二輪ジムカーナ」といえば、「二輪競技会」。
でも、これだけじゃワケ分からん、いったいぜんたい何を競うのよ? 、という疑問が当然ながら寄せられるかと思いますので、以下に競技としてのジムカーナの特徴を挙げてみます。


○教習所や、だだっ広い舗装された駐車場にパイロンを置いてコースを設定する。

○スタートとゴールが決められていて、その間を走ってタイムを計測。

○速い人から順位をつける。

○タイムを計測するのは二回。

○タイム計測時以外は選手がコースを走行することはできない。(ただし、歩いて状況を確認することはできる)

○足つき、パイロン接触、コースアウト等はペナルティ(タイム加算)。

○スタートはシグナル方式。ゴールに光電管があって、そこを横切ると計測終了。

○決められたボックス内に停車しないとペナルティ。


開催する地方や、冠スポンサーにDUNLOPとかBRIDGESTONEとかMICHELINとか色々あったりして、大会ごとに特色があったりするのですが、全てに共通するルールこのくらいでしょうか。細かいところを走るんですが、やっぱり競技なので「速いやつが勝つ」、意外とシンプルなルールです。

また、ジムカーナはだいたい教習所を使ってコースを作るのですが、その上でのメリットがいくつか挙げられます。

○マシンの差よりもテクニックでの差がつきやすい(低速のほうがマシンの挙動がシビアだから) 。

○転んでも怪我をしづらい。マシンも壊れにくい 。

○やってみると結構スピード感がある

○教習所で練習できるので、結構頻繁に練習できる。場所も近い。

○マシンにお金をかけなくても勝てる。

すなわち、競技としては、ロードレースなどより手軽で、かつライダーのテクニックで優劣が決まりやすいという特徴をもった、かなり優れたものだと思います。


c0130634_065021.jpg

[PR]
by unten19 | 2008-12-06 00:06 | バイク

運転代行

運転代行

自動車運転代行業とは 他人に代わって自動車を運転する役務を提供する営業で
 
・主として夜間において酔客に代わって自動車を運転するもの
・酔客などの役務の提供を受ける者を乗車させるもの
・常態として、当該自動車に、当該営業の用に供する自動車が随伴するもののいずれ
 にも該当 するものをいいます。



最近、大阪の連続ひき逃げ事件が立て続けに2件も起こり飲酒運転の取り締まりがかなり厳しくなっている。

しかし、これから年末に向けては忘年会が目白押し。「飲むなら乗るな」と巷ではよく耳にするがどうしたらいいものか!?そこで役に立つのが「運転代行」!!

 車を乗って行った場合店でお酒を飲んでしまった場合、タクシーで帰るという手もあるけど、そのとき問題になるのが、乗って行った車をどうするか?ということだ。

まず店の駐車場でそんなに長くは預かってくれないところも多いし、コインパーキングに止めてもビックリするような駐車料金がかかったり(京都河原町寺町で5時間くらい駐車して7000円かかった経験あり)、次の日に取りに行くなんてめんどくさい。

そこで、「運転代行」を使うのである。

「運転代行」を使う手順としてタクシーを呼ぶのと同じように「運転代行」の業者を店に呼ぶ。

「運転代行」の業者は2人1組でやってくる。

1人は自分たちの車、もう1人は客の車を運転して、客と車を家まで届けてくれるのだ。

タクシーより少し(1.5倍くらい)割高ではあるが、車を取りに来る手間、駐車料金などを考えるとけっこうお得ですよね♪

忘年会のときなど「ちょっと位しか飲んでないから大丈夫!」は絶対しちゃいけません。

捕まっちゃったり事故を起こしちゃうと人生が滅茶苦茶になる危険性あり!! 

車にで行って飲んじゃった人は「運転代行」をぜひ利用てみましょうね!

運転代行利用の流れ

c0130634_23233688.jpg

[PR]
by unten19 | 2008-12-05 23:23 | ちょっとした知識