「ペーパードライバー教習所運転塾」塾長の独り言(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良)出張日誌

unten19.exblog.jp

ペーパードライバー教習の様子や車、バイクに関する情報、楽しみ方を紹介

<   2009年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

???

???

この車はいったい??

c0130634_094058.jpg

[PR]
by unten19 | 2009-07-29 00:10 |
フェラーリトライク、ボスホス

かっこいいトライク!しかもフェラーリのマークが!!

c0130634_0182014.jpg


c0130634_0184168.jpg


c0130634_0185911.jpg


ボスホスもありました。ほとんど街中では見かけません!

c0130634_0194015.jpg


c0130634_020473.jpg

[PR]
by unten19 | 2009-07-27 22:15 | バイク

鈴鹿8時間耐久

鈴鹿8時間耐久

午前11時30分、恒例のル・マン式スタートで始まった"コカ・コーラ ゼロ"鈴鹿8耐の第32回大会。そして大波乱はスタート早々の2周目に待ち受けていた。

ポールポジションから好スタートを見せたF.C.C. TSR Honda秋吉耕佑だったが、トップで2周目に入ったS字コーナーで痛恨の転倒を喫してしまう。さらにスタートから約30分が経過した頃、2輪シケインで、2番手を走行していたMuSASHi RT HARC-PRO.の山口辰也が、後方で転倒して滑って来たマシンに絡む形で転倒してしまい、早くも優勝候補の2チームが脱落してしまった。

6周目に山口をパスしてトップに立っていたヨシムラスズキwithJOMOは、その後、4度に渡りセーフティカーが入る激しい雨にも的確に対応。結果的に6周目から一度もトップの座を明け渡すことなく、183周を走破して、2007年以来の通算4勝目を記録した。


c0130634_0431454.jpg


c0130634_0433884.jpg


c0130634_0435860.jpg


c0130634_0441746.jpg


c0130634_0444328.jpg


c0130634_045181.jpg


c0130634_0452188.jpg


c0130634_0454422.jpg


2009 QTEL Endurance FIM World Championship Series, Round 4
"Coca-Cola Zero"Suzuka 8hours World Endurance Championship Race
8hours Race Results

DATE:2009-07-26 WEATHER : Cloudy/Rain COURSE : Dry/Wet 5.821km
Pos. No. Team Type Laps Total Time Delay Best
1st Rider 2nd Rider 3rd Rider
1 12 YOSHIMURA SUZUKI with JOMO S-GSX-R1000 183 8:01'59.916 132.60km/h 2'09.263
D.SAKAI K.TOKUDOME N.AOKI
2 5 TRICK☆STAR RACING K-ZX-10R 182 8:03'32.089 1Lap 2'11.894
H.IZUTSU S.TAKEISHI R.TSURUTA
3 2 Honda DREAM RT SAKURAI HONDA H-CBR1000RR 182 8:04'12.723 1Lap 2'10.845
T.TAKAHASHI C.KAMEYA
4 7 YAMAHA AUSTRIA RACING TEAM Y-YZF-R1 181 8:02'59.089 2Laps 2'11.755
I.JERMAN S.MARTIN G.GIABBANI
5 48 PLOT FARO PANTHERA S-GSX-R1000 180 8:03'08.196 3Laps 2'11.545
O.DEGUCHI K.TERAMOTO
6 9 BEET RACING K-ZX-10R 179 8:03'36.045 4Laps 2'13.874
O.NISHIJIMA K.HASEGAWA S.KARITA
7 44 weiderD.D.BOYS with A-STYLE H-CBR1000RR 179 8:04'34.615 4Laps 2'13.078
Y.KODAMA K.TSUDA
8 73 TEAM PLUS ONE & TSR H-CBR1000RR 179 8:04'34.855 4Laps 2'12.339
S.IWATA Y.SUGAI K.WATANABE
9 1 F.C.C. TSR Honda H-CBR1000RR 178 8:02'56.014 5Laps 2'08.745
K.AKIYOSHI S.ITO Y.TESHIMA
10 99 Teluru・HoneybeeRacing H-CBR1000RR 178 8:03'33.996 5Laps 2'11.366
H.NODA T.SEKIGUCHI
11 14 BK MACO MOTO RACING TEAM Y-YZF-R1 176 8:03'31.312 7Laps 2'14.665
D.RIBALTA J.PRIDMORE
12 3 PHASE ONE ENDURANCE Y-YZF-R1 176 8:04'33.794 7Laps 2'15.202
P.VALLCANERAS G.GOWLAND D.CUDLIN
13 15 TEAM ETCHING FACTORY 15 Y-YZF-R1 175 8:04'20.634 8Laps 2'17.086
S.TAKEMI Y.USAMI K.ADACHI
14 40 Honda ESCARGOT&PGR&SAYAMA&H-TEC(E) H-CBR1000RR 175 8:04'22.460 8Laps 2'15.789
M.KUBOYAMA T.NAKATSUHARA
15 67 Honda DREAM RT WAKAYAMA H-CBR1000RR 173 8:03'25.409 10Laps 2'17.983
M.OUCHIDA A.YUZAKI
16 55 GAGNER H.M.F S-GSX-R1000 173 8:04'30.114 10Laps 2'17.415
Y.TAKAMIYA Y.TAKAHASHI S.SUMA
17 33 Honda Ryokuyoukai Kumamoto Racing Team H-CBR1000RR 171 8:02'21.309 12Laps 2'16.513
M.YOSHIDA M.IIDA S.NOYORI
18 112 Honda EG Racing H-CBR1000RR 171 8:02'27.867 12Laps 2'18.137
T.KURIBAYASHI M. HONDO
19 61 TEAM N.K.B H-CBR1000RR 171 8:03'36.373 12Laps 2'17.906
H.TAKADA S.HARADA
20 38 Team38 PS-K K-ZX-10R 170 8:02'24.106 13Laps 2'16.850
S.YAMASHITA T.MIYAUCHI
21 28 Honda Technical College H-CBR1000RR 170 8:04'11.723 13Laps 2'16.178
Y.HAMAGUCHI M.FURUSAWA
22 221 TEAM FRONTIER CLEVERWOLF RACING Y-YZF-R1 170 8:04'30.909 13Laps 2'18.416
M.SAITO T.FUKAMI M.LANGLOIS
23 63 Team Garage Complete with CRAFT H-CBR1000RR 169 8:02'18.683 14Laps 2'19.236
H.NAKAYAMA T.MINODA N.YAMADA
24 360 YamashinaKawasaki&BusinessRalliart K-ZX-10R 169 8:03'31.336 14Laps 2'19.089
T.MIZUSAWA S.YAMASAKI
25 36 ROCKST★R × BATTLE & I LOVE Cafe H-CBR1000RR 169 8:04'55.529 14Laps 2'15.158
Y.KIRII S.SHIMOJI
26 51 t.motokids css kawauso rt Y-YZF-R1 168 8:04'10.271 15Laps 2'21.419
Y.HIGUCHI K.KOJIMA
27 75 Verity Racing Team H-CBR1000RR 168 8:04'16.497 15Laps 2'16.197
A.IGARASHI M.SATO
28 43 TEAM NAKAKIHONDA H-CBR1000RR 168 8:04'42.967 15Laps 2'19.384
M.NAKAYAMA H.NOMURA
29 60 Honda Blue Helmets MSC H-CBR1000RR 167 8:02'05.554 16Laps 2'19.723
T.OTSUKA A.KOBAYASHI
30 76 CROWN KEIBIHOSYOU RACING H-CBR1000RR 167 8:04'03.734 16Laps 2'16.479
D.YANO S.SUZUKI
31 16 TEAM ETCHING FACTORY 16 Y-YZF-R1 166 8:02'29.861 17Laps 2'18.657
T.NAKAI M.NAKAOKA K.YAGYU
32 62 WINNER Z-TECH S-GSX-R1000 166 8:03'30.084 17Laps 2'16.506
T.KUNIMATSU T.NAMEKATA
33 26 RS-ITOH&ASIA K-ZX-10R 166 8:04'29.321 17Laps 2'15.532
I.HIGASHIMURA N.SHIMIZU
34 111 Honda kohyohkai Dream Racing & SHOWA H-CBR1000RR 166 8:04'39.364 17Laps 2'16.031
H.NAKAMURA I.MATSUBARA T.EBINUMA
35 50 bestbikemito&e,freaks&mk H-CBR1000RR 162 8:02'41.849 21Laps 2'19.766
H.TAKANO S.OKADA S.BABA
36 78 Team KANAYA Y-YZF-R1 161 8:04'43.224 22Laps 2'18.801
T.OOKA M.YUBA S.YUMOTO
37 27 BANNER RACING D-1098R 160 8:04'43.406 23Laps 2'20.343
T.KANEDA D.SATO T.YOKOBE
38 23 Suzuka Community Racing Team H-CBR1000RR 155 8:03'42.874 28Laps 2'14.014
Y.FUKUDA H.MATSUI
39 88 O.I.R.F-R.T H-CBR1000RR 154 8:03'48.079 29Laps 2'17.675
C.YUZUKI K.MITSUMOTO T.TAMURA
40 37 Wise Word&Tokai Auto&Green Sports K-ZX-10R 153 8:02'50.574 30Laps 2'21.085
T.NODA Y.IRITANI K.NAKAMURA
41 35 PLUS ONE MCRT K-ZX-10R 152 8:02'42.909 31Laps 2'19.536
H.IMAZU M.NISHIKAWA
42 18 LABELLEZZA SPEED EXSTAR & PIAA D-999R 151 8:04'34.963 32Laps 2'17.697
H.KAWAHARA Y.HORI
43 634 MuSASHi RT HARC-PRO. H-CBR1000RR 147 8:03'17.782 36Laps 2'09.382
T.YAMAGUCHI T.YASUDA Y.KONISHI
44 20 OHNISHI・HEAT MAGIC with DRAGON S-GSX-R1000 146 8:02'15.177 37Laps 2'11.895
T.ONISHI Y.HATANO
45 68 TEAM SPORTS Fighter Y-YZF-R1 140 8:02'42.988 43Laps 2'13.310
T.TSUDA T.SATAKE
46 69 HITMAN RC KOSHIEN TKm Y-YZF-R1 139 8:03'48.783 44Laps 2'19.534
T.KIMURA Y.NAKANISHI M.HISAZUMI
47 32 MotoMap SUPPLY S-GSX-R1000 137 8:03'48.513 46Laps 2'12.195
Y.KONNO D.SUZUKI M.SHINJO
Did not complete 75%:
 
85 Honda Q-Yu-Kai Meiwa Racing H-CBR1000RR 135 7:32'19.378 48Laps 2'14.782
M.YAMANAKA M.ANDO T.NAKAMURA
555 IDATEN WORKS+HEAT MAGIC+DOGHOUSE S-GSX-R1000 134 8:04'30.723 49Laps 2'17.954
S.YASUTOMI K.IWATANI
777 PURI・PURI RACING&Like a Wind☆BMS H-CBR1000RR 128 8:03'49.519 55Laps 2'14.743
S.TANI T.OKUDA
014 IWATA RACING FAMILY Y-YZF-R1 124 8:04'07.389 59Laps 2'18.263
A.TAKADA M.SAWAMURA M.TOKINAGA
25 HONDA SUZUKA RACING TEAM H-CBR1000RR 119 5:48'08.452 64Laps 2'12.142
N.YUNOKI T.MORII I.NAMIHIRA
888 MOTOBUM and ISHIGAKI ISLAND TUNA UMINCHU H-CBR1000RR 112 8:04'04.015 71Laps 2'14.737
S.KIM T.TAKAHASHI
64 TEAM OSG H-CBR1000RR 107 8:03'40.682 76Laps 2'17.577
K.FUKUYAMA M.MUKOUYAMA
65 Team・mⅡr65 S-GSX-R1000 83 8:03'49.003 100Laps 2'26.164
K.KANAYAMA M.MIZUTANI
31 TEAM Z-TECH S-GSX-R1000 66 3:45'36.582 117Laps 2'14.972
H.OGATA T.ISHIKAWA
81 TEAM-HSK-RACING S-GSX-R1000 39 8:02'45.820 144Laps 2'36.343
A.SARUGAKU H.ONISHI
77 TeamMⅡR・hashimotogumi・Ouka S-GSX-R1000 38 3:07'51.997 145Laps 2'12.481
T.HAMAGUCHI M.INAGAKI

MACHINES:D=DUCATI,H=Honda,K=KAWASAKI,S=SUZUKI,Y=YAMAHA

規定時間内に抗議なき場合は、正式結果とする。
Results become official with no protest/appeal lodged within specified time.

Fastest Lap No. 1 F.C.C. TSR Honda 2'08.745 32/178 162.77km/h
Number of Completed LAPS 137

ペナルティ Penalties
  No.20 耐久世界選手権規則第1.16(スタート手順)の違反により、ストップ&ゴーペナルティを科した。
      Stop & Go penalty(R.R.W.C.E.R. 1.16 START PROCEDURE).
  No.50, No.7, No.81
      耐久世界選手権規則1.18.13(ピットレーンの速度制限)の違反により、ストップ&ゴーペナルティを科した。
      Stop & Go penalty(R.R.W.C.E.R. 1.18.13 (Speed limit in pit lane)).
  No.81 耐久世界選手権規則第1.16(ウォームアップラップ不出走)の違反により、2回のストップ&ゴーペナルティを科した。
      2 Stop & Go penalties(R.R.W.C.E.R. 1.16 (Failure to do warm up lap)).
  No.67 耐久世界選手権規則1.15.9(レース中の中立化)の違反により、ストップ&ゴーペナルティを科した。
      Stop & Go penalty(R.R.W.C.E.R. 1.15.9 (Safety Car Procedure)).
[PR]
by unten19 | 2009-07-26 23:28 | バイク
フェラーリ、インプレッサWRX、ワールドメルセデスベンツ

フェラーリF355F1

c0130634_2313235.jpg


代名詞とも言える角型2灯式のリトラクタブル・ヘッドライト。テールエンドは空力を意識してダックテール状に処理され、テールランプは348の異形タイプから伝統の丸型4灯に変更されました。

1997年にマニエッティ・マレリ社と共同開発したパドルタイプの2ペダル・セミオートマチックシステムである「F1マチック」搭載車が追加され、よりイージーにフェラーリのドライブが楽しめるようになりました。

ホイールはF225/40-18R265/40-18

縦置きに搭載されるパワーユニットは5バルブ化された新開発の90度 3495cc V型8気筒DOHC「F129B」型。最大出力380ps/8,200rpm、最大トルク36.7kgm/5,800rpm

先代348のラインを受け継ぎながらも、フィンなどの余計な突起を廃した、より曲線的で艶やかなデザインを採用しております。さらにセミモノコックフレーム構造は継承され、より改良されています。

インプレッサWRX STi

c0130634_232513.jpg


主要諸元 SPEC DATA
全長×全幅×全高 4465×1740×1425mm
ホイールベース 2540mm
トレッド 前/後 1490/1495mm
車両重量 1460kg
エンジン型式 EJ20
種類 水平対向4気筒DOHC
総排気量 1994cc
最高出力 206(280)kw(ps)/6400rpm
最大トルク 422(43)Nm(kgm)/4400rpm
駆動方式 4WD
トランスミッション 6速MT
ステアリング形式 ラック&ピニオン
サスペンション形式 前 ストラット
サスペンション形式 後 ストラット
ブレーキ 前/後 Vディスク/Vディスク
タイヤサイズ 255/55R18
車両価格 340.2(税込み・単位=万円)

エクステリアデザインと空力性能を大きく改良。
 インプレッサは、2000年に2代目にモデルチェンジされたが、丸目を強調したフロントデザインが不評だったことから、02年には早々と大がかりなフェイスリフトが行なわれた。その後も、装備の充実やWRX系の性能向上などの改良が繰り返されてきた。
 05年6月に行なわれた改良では、今後のスバル車のデザインアイデンティティとされるスプレッドウイングスグリル(航空機の翼がモチーフ)が採用されたが、こうも度々顔が変わると、逆に顔のないクルマという印象も与える。
 もっとも、今回のマイナーチェンジではデザインの変更に留まらず空力性能の向上も果たした他、WRX系ではボンネット上に大きく突きだしていたインタークーラー用エアスクープも19mm低くされた。ちなみに、全長はフロントオーバーハングの延長で50mm長くなって4465mmとなった。
 02年のマイナーチェンジではWRXとWRX STIの差別化が進められたのだが、今回は再び両グレードでの内外装のイメージの共通化が図られている。
 性能面ではWRX STI系の更なる向上が主となっており、エンジンのトルクアップ、電子制御式AWD(4WD)システムのDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)に機械式LSDを追加するなどしてきている。

43.0kgmにまで高められた最大トルク。
 エンジンはスバルならではの水平対向4気筒DOHCターボで、STIのターボはツインスクロールを採用する。今回は最高出力280ps/6400rpmは不変だが、過給圧制御及び過給圧の変更(950mmhg→1000mmhg)で、最大トルクが42.0kgm/4400rpmから43.0kgm/4400rpmへと向上している。
 また、スロットルの制御特性も変更されたようで、パーシャル域からのアクセルペダル踏み込みでは、実際の踏み込み量よりも大きく開く感覚をもたらす。このため、トルク性能の向上とともに低速域の加速力がより増したように感じさせるが、全開域を除くとアクセル操作に対するリニアリティは少々損なわ れた感もある。
 急発進時や2000rpm程度の域から加速する際には、ターボラグにより3000rpmを越える域まで一瞬もっさりとした感を与えるが、そこからの加速は猛烈。公道では全開にし続けられるのは2速までがいいところ。その際は、レブリミッターが作動する8000rpmまで軽く到達してしまう。
 また、こうした早いシフト操作を要求する際にも、今回の改良で4~6速のシンクロ表面にカーボン材を焼結し、レバージョイント部の剛性も高めたという6速MTは、従来より軽い操作力で正確なシフトが行なえるものとなった。

新DCCDの採用でさらに進化したハンドリング。
 走りで大きく進化したのがハンドリングだ。従来のWRX STIのAWDシステムは、ベベル(遊星)ギア式センターデフで基本前後駆動配分を前35:後65とし、それを電子制御式LSDを組み合わせたDCCDで、走行状況に応じて前後駆動力制御を行なっていた。
 新DCCDでは、そこにトルク反応型の機械式LSDを追加しており、電子制御式では不可避なコンマ数秒の作動遅れやタイミングのバラつきなどを排除している。また、基本前後駆動力配分を41:59へと変更している。さらに、スペックCの16インチタイヤ仕様を除くWRX STIは、DCCDにオートモードを備えるが、これには従来の横G及びヨーレートセンサーに加えて、ステアリング舵角センサーを装着。推定されるコーナーのR及びドライバーの意志と車両の姿勢の差異をより正確に判断し、前後駆動力をコントロールするものとなった。
 この効果は大きく、旋回の開始時に応答遅れが出たり出なかったりという動きの読みの難しさが薄れ、確実で正確な操舵応答が得られている。従来のように、旋回途中でアンダーステアに変化していくような動きにも陥りにくいので、積極的なコーナリング時にもアクセルオンを我慢しなくてはならない領域も狭まっている。

ドライバーの意思に忠実な走りを実現。
 新DCCDとヨーレートセンサーの採用により、操舵応答性も正確性も向上して、その上で安定性も高くなったことは、ハンドリングにとっていいことずくめのようだが、逆にこれを不満と感ずる人もいるかもしれない。
 それは、新DCCDが旋回中のアクセルコントロールやブレーキング時にも安定性を保つ方向に働くため、そうした操作をきっかけとしてアンダーステアを解消したり、とくにオーバーステア方向に挙動を持っていくといった動きには持ち込みにくくなったようにも感じられるためだ。つまり、オン・ザ・レール感が強くなり、姿勢を積極的に変化させられる自在性が薄れたと感じられるのだ。
 たしかに従来は、旋回中にリアを流すような挙動変化を、ちょっとしたきっかけで起こすことが行ないやすかったが、反面、アンダーステアに陥りやすくもあり、アンダーとオーバーの間の挙動変化幅が大きかった。安全性の面からみてもどちらが好ましいかといえば、やはり新型だとは思うが、操る感覚が少し薄れたのは事実だ。
 サスペンションはフロント側のバネレートが僅かに下げられ、路面からのアタリや突き上げ感が減少。タイヤはチューニング変更されていないが、乗り心地は少しマイルドになっている。


ワールドメルセデスベンツ セダンCLS

c0130634_2332055.jpg


新型高級セダン「CLSクラス」
「CLS 350」「同500」「同55 AMG」の3車種を揃える。メルセデス・ベンツ正規販売店で同日より販売を開始する。価格はCLS 350が850万5000円、同500が1029万円、同55 AMGが1396万5000円(いずれも税金込み、諸経費別)。



CLSクラスは、「4ドアでありながらクーペを彷彿させるエレガントでスポーティーなスタイリングと、セダンの快適性・実用性の融合が特徴。時代のトレンドに敏感で、上質なライフスタイルを志向する人々の要望に応えたモデル」とする。



エクステリアは、歴代のメルセデス・クーペの特徴である、フロント・グリル中央のスリー・ポインテッド・スターや個性的なヘッドライトを装備。インテリアは本革とウッドパネルをふんだんに使用し、さらにリアシートで左右独立のセパレート・タイプを採用することで高級感を演出した。CLS 55 AMGは、インテリアの素材と色、外装を選択できる。



CLS 350は新開発の3.5リッターV型6気筒DOHC4バルブエンジン、同500は5リッターV型8気筒エンジンを搭載しており、これらを7速AT「7G−TRONIC」と組み合わせることで「スムーズかつゆとりある走行性能を提供する」(同社)。同55 AMGはスーパーチャージャー付5.5リッターV型8気筒エンジンを装備し、専用のAMG強化ブレーキ・システムやAIRマティックDC(デュアルコントロール)サスペンションを備える。
[PR]
by unten19 | 2009-07-20 02:56 |
京都市伏見区~滋賀県湖南市

今日は午前中が京都市伏見区、午後から滋賀県湖南市に行ってきました。

京都市伏見区の方とは久御山ジャスコに行ってきました。

連休の中日ということで10時過ぎにもかかわらず車は満杯。

屋上の駐車場に行きました。

c0130634_043842.jpg


簡易補助ブレーキ(ペーパードライバー教習用)

c0130634_061576.jpg


c0130634_075088.jpg


午後からは滋賀県湖南市に移動。

c0130634_083636.jpg


滋賀県湖南市の方とはペーパードライバー高速教習です。

c0130634_010172.jpg


ペーパードライバー高速教習の様子。

c0130634_0104166.jpg


古賀サービスエリアのスターバックスで小休止。

c0130634_0111890.jpg


竜王インターチェンジ~彦根インターチェンジ~京都南インターチェンジ~竜王インターチェンジ
のコースを走行しました。

竜王インターチェンジから湖南市へ走行。

c0130634_0141320.jpg

[PR]
by unten19 | 2009-07-19 23:00 | ペーパードライバー教習
滋賀県湖南市~京都市伏見区~大阪府高槻市~兵庫県尼崎市

今日は早朝から滋賀県湖南市、午前中、京都市伏見区、午後から大阪府高槻市、

夕方から兵庫県尼崎市に行ってきました。

滋賀県湖南市の方とは湖南市内、竜王付近の走行。

c0130634_025938.jpg


あっ!車が!!

c0130634_0255260.jpg


午前中は京都市伏見区の方と京都市内の走行。

黄檗トンネルや木幡駅周辺の走行をしました。

c0130634_0275490.jpg


午後からは大阪府高槻市に移動。

京都市伏見区から大阪府高槻市まで25キロくらいの距離ですが

連休の初日ということか国道171号線や高速道路は大渋滞。

渋滞を避けるため西国街道に回避したのですが、考えることはみんな一緒。

西国街道も大渋滞。結局、京都市伏見区から大阪府高槻市まで2時間かかりました。

大阪府高槻市の方とは自宅から近くのスーパー、ドラッグストアなどを走行。

c0130634_0323695.jpg


c0130634_033024.jpg


夕方からは兵庫県尼崎市へ移動。

兵庫県尼崎市の方とは尼崎市内の走行と基本ハンドル操作の練習を行いました。
[PR]
by unten19 | 2009-07-18 22:18 | ペーパードライバー教習
大阪府高槻市~大阪府堺市

今日は午前中が大阪府高槻市、午後からは大阪府堺市に行ってきました。

大阪府高槻市の方とは高槻市内の自宅からスーパーまでの道のりを練習。

主に駐車の練習を行いました。

午後からは大阪府堺市に移動。

堺市の自宅マンションから大型家電量販店、自宅近くのホームセンターまでの道のり

を練習しました。

マンションの駐車場(運転塾の教習車)

c0130634_22303778.jpg


マンションの駐車場(お客様のマイカー)

c0130634_22312525.jpg


ガソリンスタンドにて給油

c0130634_2232866.jpg


初めての給油

c0130634_22325060.jpg


名神高速にて大型トラックに乗っている同級生と遭遇。

運転席の写真を撮らせてもらいました。

走行距離が「628747キロ」!!

c0130634_22351086.jpg

[PR]
by unten19 | 2009-07-17 22:35 | ペーパードライバー教習
京都市伏見区~大阪府堺市~京都府京丹後市園部町

今日は午前中が京都市伏見区、午後から大阪府堺市、夕方から京都府京丹後市

園部町に行ってきました。

京都市伏見区の方とは久御山ジャスコ、近鉄モモに行ってきました。

マンションの駐車場(運転塾の教習車)

c0130634_22585755.jpg


マンションの駐車場(お客様のマイカー)

c0130634_22593171.jpg


午後からは大阪府堺市なので名神高速、阪神高速を使い移動。

c0130634_2302622.jpg


大阪府堺市の方と、大型家電量販店に行きました。

c0130634_2314418.jpg


フェニックス通り

c0130634_2321589.jpg


大阪府堺市に通販で有名な「アマゾン」があるんですね!
知りませんでした。

c0130634_2331563.jpg


夕方からは京都府京丹後市園部町の方でした。

時間がかなり開いていたので一般道路で移動。

大阪市内を通り、兵庫県側から山越えで京都府京丹後市園部町に向かいました。

京都府京丹後市園部町の方とは駐車場から園部市内のスーパー、コンビニ

、職場などの練習をしました。
[PR]
by unten19 | 2009-07-16 22:37 | ペーパードライバー教習
滋賀県栗東市~大阪府高槻市~大阪府堺市~大阪府枚方市

今日は午前中が滋賀県栗東市、午後からが大阪府高槻市、夕方からが

大阪府堺市、夜からが大阪府枚方市でした。

滋賀県栗東市の方とは、湖岸道路を通り大型ショッピングモールへ。

天気は快晴なので気持ちいいです♪

c0130634_23231176.jpg


途中こんな場面がありました。

c0130634_23235553.jpg


c0130634_23241391.jpg


午後からは大阪府高槻市の方と自宅から近くのスーパーまでの道のりの練習。

自宅車庫の様子。

c0130634_23252356.jpg


走行の様子。

c0130634_23262240.jpg


夕方からは大阪府堺市の方と大型ショッピングモールまでの道のりの練習。

駐車をメインに教習しました。

自宅マンションの駐車場。

c0130634_2328826.jpg


夜からは大阪府枚方市の方と大阪府吹田市豊津町の「東急ハンズ江坂店」

で待ち合わせ。「東急ハンズ江坂店」から大阪府枚方市までの道のりを練習。

c0130634_00170.jpg

[PR]
by unten19 | 2009-07-15 23:32 | ペーパードライバー教習
滋賀県栗東市~京都市伏見区

今日は午前中が滋賀県栗東市、お昼からは京都市伏見区に行ってきました。

滋賀県栗東市の方とは草津市の「イオンモール草津」に行ってきました。

マイカーはホンダ ライフです。

c0130634_0184924.jpg


午後からは京都市伏見区と新車のラパンで久御山ジャスコへ。

写真は撮り忘れました。。

また載せたいと思います。
[PR]
by unten19 | 2009-07-14 23:02 | ペーパードライバー教習